肌に優しいファンデーションでナチュラルメイク|肌を刺激から守る

3つの作用で美肌になろう

女の人

抗炎症と皮脂分泌抑制作用

ニキビを改善するためには、ビタミンCが配合された化粧水を使用することが重要です。ビタミンCはニキビに非常に効果のある成分であるため、確実にニキビを改善できます。ビタミンCは3つの作用があるため、ビタミンCの効果を実感してみてはいかがでしょうか。ビタミンCの1つ目の作用が抗炎症作用です。赤ニキビの原因は、アクネ菌を攻撃する白血球にあります。白血球がアクネ菌を攻撃する際に周囲の組織まで破壊してしまうため、赤く炎症を起こしてしまいます。ビタミンCは炎症を抑制する作用があるため、赤ニキビに非常に有効です。2つ目の作用が皮脂分泌抑制作用です。ニキビの原因は、毛穴に皮脂が詰まってしまうことです。ビタミンCで皮脂の分泌量を抑制することにより、ニキビを予防することができます。

跡に残らない作用

ビタミンCの3つ目の作用が色素沈着抑制作用です。ニキビ跡が残ってしまう原因は、シミと同じく色素が肌に沈着してしまうことにあります。色素を排出する作用により、跡に悩むことはありません。特に大人ニキビに悩まれている方は、跡が残りやすい傾向にあります。色素を排出し、跡を残さないようにしましょう。ビタミンCは、肌に浸透しにくく酸化しやすい性質があります。そのため、化粧水を選ぶ際には、肌に浸透しやすく酸化しにくく改良したビタミンC誘導体が配合されていることを確認しましょう。角質層にまで浸透してくれるため、角質層にまで及んだニキビにも非常に効果を発揮します。また、美白効果や保湿効果も得られるため、総合的な肌ケアを行えます。