肌に優しいファンデーションでナチュラルメイク|肌を刺激から守る

人気の美容成分

化粧水

ビタミンCの働き

ビタミンc誘導体は化粧水や美容液や美容クリームなどに使われている美容成分のひとつです。ビタミンc誘導体はビタミンCが原料になっていて、肌に浸透しやすいのが特徴です。普通のビタミンCの液体をそのまま肌につけても、表面の皮脂バリアがはじくので浸透しませんが、ビタミンc誘導体は角質層の奥まで浸透します。ビタミンCには真皮のコラーゲンの合成を手助けして肌にうるおいやハリを出したり、メラニンを分解してシミをなくしたりする効果があることで知られています。ビタミンc誘導体は、そんなビタミンCの働きをそのまま肌に再現できる優れた成分です。肌に塗ればみるみる浸透し、深層部から肌トラブルの元を修正する働きがあります。

多様な効果がある

ビタミンc誘導体は肌への浸透性や細胞への働きかけが強いことから、最近とても注目されている成分です。ニキビケア用や美白用の化粧品だけではなく、エイジングケア用化粧品でもよくビタミンc誘導体配合という文字を見かけるようになりました。ビタミンc誘導体の肌への効果や働きは実に多様です。過剰な皮脂の分泌を抑える効果があるのでニキビができにくくなり、できてしまったニキビの炎症の緩和もできます。シミやそばかすの元であるメラニンを出来にくくする効果と、できてしまったメラニンを排出する効果もあります。さらに、抗酸化作用やコラーゲンの合成促進作用によって、皺とたるみの予防、肌全体の老化予防と若返りが期待できます。